FC2ブログ
せおまなblog
鳥取県倉吉市・瀬尾学(せお まなぶ)によるblog

Counter

(since 2005/06/05)

プロフィール

瀬尾学(せお まなぶ)

管理者ページへ
 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィールド

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

車座集会 
20070529104219
車座集会5/28(月)関金総合文化センター 市長や副市長、部長が出向き、市の施策を説明。今日は主に、10/1からの実質の下水道や水道料金の値上げについて。30名ばかりの市民の参加があった。旧関金町役場OBの積極的な発言もあったが、どちらかと言えば市政や職員に対し、厳しい市民の指摘があった。
スポンサーサイト



関金小学校の運動会
20070526124456
まばゆい太陽の中、春季運動会があった。児童は、ひかりを浴びながら、いつも競技してるか、仲間の応援をしてるかのどちらかで、佐の山健児らしく、とにかく元気だ。見ている者も、パワーがもらえそう。
笑顔で渡り初め
20070519120514
倉吉総合産業高等学校の生徒会長さんは生徒の半数がこの橋を渡り通学しており、新しい橋とともに、学校の飛躍発展を誓った。
 また、河北中学校の生徒さんは、古い小田橋に感謝と、新しい小田橋にお祝いの喜びを込めた、すばらしい楽器演奏で、祝賀パレードを盛り上げた。
小田橋(こだばし)が完成
20070519120428
平成19年5月19日 小田橋が完成し、県・市・関係者や、自治会、夫婦三代家族や多くの地域住民が参加して、嬉しい開通式が行なわれた。
事業期間が7年間 事業費17億円 橋長312メートル 幅員15メートル 
50数年前に建設されていた旧小田橋は老朽化し、現在の交通事情に対応できないため、改修や建設が地域住民の願いであった。
 また、学生さんや通勤者の生活基盤道路として重要な県道の橋でもある。
新しい小田橋は車道の幅よりも両サイドの歩道の面積のほうが広いような、ゆったりとしたスペースとなっており、やさしくあたたかみを感じる橋だ。
 今後、倉吉駅周辺の多くの道路整備が1年チョットで終了するが、いよいよ鳥取県中部玄関として、人や情報の発信の起点として、更に発展することが期待されており、行政や議会の取組みも注目されている。
オムロン倉吉株式会社訪問
20070518083940
5/17(木)会派「くらよし=会長 谷本修一」ほか有志議員13人と市役所職員2人が、市内の企業訪問を行なった。オムロン倉吉(株)(株)明治製作所尾池ファインコーティング(株)と、それぞれ1時間の工場見学をし、会社の概況や企業理念、採用状況、地域貢献など学習し、トップリーダーの優れた考え方や、技術にふれ、大変参考になった。
 企業の皆様、社員の皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました
大気不安定  グリーンスコーレせきがねは(株)レパスト
20070518083852
5/16から台風並みの強風が吹く。台風なら、進路方向や大きさなど、予想がつき、やがておさまるが、この強風はまったくわからず、不安感が高まる。梨の小袋やスイカ、メロンのテントにも影響が出るだろう・・毎年のようにこの時期は突風やヒョウの降る、不安定な気候の季節ではあるが、風力や回数が増し、被害も常在化してきた。
よく、地球温暖化の影響だと、言われるが、確かな地球の変化や悪い影響に対し、原因究明と対策が必要だ。地上気温も水温も上昇し続けている。風で我家の柱や家具が、「ギシギシ」と音をたて、「また、サッシが外れ、瓦が壊れる・・」と、眠れなかったが、「雑音ナンノソノ」と、爆睡のヒトあり。
 パワーの違いは、快眠快食と・・気にしないことか。

グリーンスコーレせきがねは(株)レパストに

グリーンスコーレせきがねを東京の(株)レパストが指定管理者として8月1日から管理運営することとなった。
正式には、6月倉吉市議会での議決を経て、協定書の締結が行なわれる。
株式会社レパストは全国的な事業を展開しておられる大企業であり、名実ともに優れた基盤を有し、期待が大きい。
こんにちわ 双子ちゃん
20070512074516
甥の子、双子ちゃん 藤原拓大(たくと)くんと侑叶(ゆうと)くん。
生後3ヶ月。
山口県下関市。
待って。待って。待って。そして。・・
わたしたちが知らない多くの苦労や経験、時間をかけて、今日の大きな喜びがあると思います。
こころから、おめでとう。
早く大きくなって、烏取に遊びにおいで。
子育て総合支援センターがいよいよスタート
20070501183415
5/1(火)倉吉市子育て総合支援センター(旧上灘保育園)がスタートし、西倉吉と山守保育園児が、旬の竹の子やワラビを手に、楽しく、可愛い演技で、祝賀に花を添えてくれた。
愛称が「おひさま」と決まり、これから、おおくのお母さんや子どもさんの楽しくにぎやかな、交流センターとして、又子育ての相談や助言、情報提供、各種の支援などが行なわれる。
子育て世帯買い物応援事業(未就学児童のいる世帯や妊婦さんの世帯の人たちが買い物で割引やさまざまな特典を受けられます。)
も始まり、地域みんなで、子育てを応援するしくみができた。
子育てに奮闘している若いお母さんの不安や、心配をすこしでも軽く、意見を反映できるような運営や、行政だけではなく、地域あげての応援の輪がひろがるよう工夫も必要。

copyright 2005-2007 せおまなblog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.