FC2ブログ
せおまなblog
鳥取県倉吉市・瀬尾学(せお まなぶ)によるblog

Counter

(since 2005/06/05)

プロフィール

瀬尾学(せお まなぶ)

管理者ページへ
 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィールド

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

美保ちゃんが泣き出した(写真は美保ちゃんの兄)
20060628203920
美保ちゃんが泣き出した。
美保ちゃんは、山守小学校の2年生。
保育所のころから、お兄さんの「せきがねさいとりさし」の練習についてきて、いつのまにか、歌い、おどれるようになった。
15分間の長い歌詞も覚えてしまった。
でも、今日の練習日は、欠席者が多く、歌は、美保ちゃん一人だけ。(いつもは、4,5人)歌が無ければ、おどりや練習ができない。
責任を感じて、泣き出したらしい。
今日も、小さな美保ちゃんから、大切なことを、教わった。
今後の出演予定
8月15日  関金温泉夏祭り
8月19日  めいりん祭
9月3日  里見まつり
10月21日 全国スポレク。アトラクション
11月11日 国民文化祭 山口県
スポンサーサイト



従業員激励大会
20060628112116
倉吉市商工従業員激励大会が開かれた。
10年以上の永年勤続者の表彰と、今年就職された若者の激励会で、倉吉未来中心の小ホールが、緊張感と躍動感に満ちあふれた。
その後、ランチパーテイーとライブ。
歌手 ハワイ笑歌村塾(しょうかそんじゅく)の石川達之さんの心地好い声とメロディー、倉吉弁で、会場が沸いた。
夏近し
20060627095113
北栄町の浜
 ハングル語か?漁旗のような旗を見つけた。
 北朝鮮か、韓国の漂流物が、砂浜に無造作に打ち上げられている。
 地図で見ると、北朝鮮と日本、とりわけ、烏取県が最短距離だ。
 だから、北朝鮮の麻薬のとりひきも、烏取県の日本海沖が舞台となったのだろうか。
 この碧い澄みきった日本海のずうと向こうの国で、テポドンや、ノドンやスカッドが、烏取県を、日本を標的として、照準を合わせている。 知識として、だれも知っているが、だれもミサイルが飛んでくると思ってもいないし、心配もしていない。
 ノドンよりウナドン。
 スカッドよりマスカット。
 ラチ(拉致)より、サッカー。
 直面しなければ、危機意識は育たないのかもしれない。
が、・・・
よろしく
20060622200642
初対面です。
としとです。
よろしく。
夏バテ対策
20060621205746
夏バテ対策には、ばあちゃんがつくった梅干が一番。
こらっ
おばあちゃんは、今日、関金、南谷地区(なんこくちく)の敬老会だった。
シトシト?
20060619072717
小さかった八ツ手の葉が、いつの間にか大きく、青く、天を仰ぎ輝いている。
 1,2・・と葉を数えると、どうしても9枚だ。なぜ?9枚なのに八ツ手と呼ぶのだろう?
 日々、混乱することや、頭の痛いことが多いい中で、(八ツ手の名称由来について)周りの小さなできごとにも、ひかれる自分がいたことに、チョットアンド。
 古墳から、八ツ手の葉形青銅品が出たり、能に着用する着物のがらに八ツ手の文様が織り込まれるなど、古くから、生活と切り離せないものだったようだ。
 ナナツデ、ココノツデ?やっぱり、ヤツデ。
 今月できた3人目の孫の名が、・・シトシト?梅雨のような、舌をかむような。
 失礼。
 聡人(  トシト)だそうだ。
 両親のさまざまな想いが込められた命名だろう。
消防操法たいかい
20060618110316

父の日(日曜日)

第51回倉吉市消防ポンプ操法大会
が関金小学校であった。

小型ポンプの部より、14チーム。

ポンプ車の部で、4チーム。

競技は、1チームにつき、4人~5人の構成員だが、きっと、補欠員

も、他の団員も練習時には、協力しあいながら、今日の本番を迎えられ

たのだろう。
 
烏取中部ふるさと広域連合消防のみなさんのご協力もありました。

それぞれ優秀だったチームが来月の県大会へ出場予定。

炎天下ではあったが、きびきびとしたプレーで優劣つけがたい白熱し

た、大会でした。

どうか、陽焼けたからだを、飲み物で、存分に冷やしてください。

本当にご苦労様でした。

サイエンス(生命自然)
20060617101405

じゃがいも
まめ
すいか
ちょうちょ
けむし
かえる
・・・
ばあちゃんの菜園は、ばあちゃる(仮想)ではない。

おもしろいことがいっぱい。

さいえんはサイエンス(生命や自然)

はだしで、どろんこ。

ママには、ナイショ・・・
礼に始まり礼に終わる
20060614193627
最近、中学生の顔が、少なくなった。
4月に入学した、一年生が、
「勉強や、テストが大変だから、少し、さいとりさしの練習を休むことがあるかもしれませんが、許してください。」
と、言ってきたことがあった。
何でもいいから、自分のやりたいことに、全力を尽くすことが一番。
 和尚役の堀井くん、部活で、ヘトヘトながら、今日も、顔を見せてくれた。
 河本兄弟も、水曜日の夜は、卓球の練習と重なることが多く、郷土芸能の練習を1時間ほど行い、急いで、今度は卓球の練習へ行く。全国大会などで、入賞の経験があり、将来楽しみな、プレイヤーでもある。
 堀井くんは、明日は河北中学とバスケットの試合らしい。”フレーフレー鴨川”
 何事にも真剣に取り組む中学生のお兄さんや、お姉さんを見て、小学生が、少しずつマスターし、自信の表情も見える。
日照不足が心配される
20060614140016
5月~6月の日照不足が、作物の生育に影響しており、今後が心配されている。
我が家の湿田に、タニシが繁殖しており、それを目当てに、鴨や鷺がひんぱんに、舞い降りる。
となりの畑では、母が蒔いたトウモロコシの種を、ほとんど、カラスが拾って食べてしまった。
サヤエンドウマメも食べられた。
鳥も、異常気象や、地球環境の異変に対応した、生き方を模索しているのだろうか。
 13日間の倉吉市議会が今日、閉会となった。
日本野鳥の会烏取県支部からの陳情「倉吉市の”鳥”制定」は、議会で、趣旨採択となり、見送りとなった。
 
午後11時
20060609231323

昼間、巣を留守にして、飛び回っていたツバメが、巣で、ぐっすりと眠っている。

親から、飛行訓練をうけているようだ。

秋ごろ、あったかいフィリピンのほうまで、飛んで行き、又、来年帰ってくるらしい。

きっと帰って来いよ。

倉吉に。
間もなく巣立ち
20060609151224

ツバメ4羽がそろって巣立ちが近い。
昼間は、親子6羽が、家のまわりをスイスイと、飛びまわっている。
とても嬉しそうに、パタパタ羽ばたきながら、同じところをグルグルまわっている。
時々、巣にもどる。
1ヶ月足らずで、親離れ、子離れ。
ほたる
20060607204910

源氏ほたるが飛んでいる。
オスだ。土から出てきて、10日位の短い生命と、聞いた。
その間に、子孫を残すためのあらゆる努力と、出来事がある。
そのために、力限り輝いているのだろう。
ガンバレ
ドクダミの花
20060606093314

倉吉市議場の裏にドクダミの花がひっそりと咲いている。白い花と、おもいきや、包(ほう)らしい。中央から穂のような花穂に白、黄色のめしべやおしべ・・幼い時、ケガをして、モノができ、ドクダミの葉で完治したことをおもいだした。
 ドクダミの隣の議場では、倉吉市議会6月定例議会真っ最中。一般質問で、16人の議員が、市長に対し、いろいろと、質問。
ドクダミは、十薬とよばれ、はれもの、切り傷、打撲、毒さされ、また、利尿薬として、効果があるらしい。
 良薬口に苦し。
省エネ事業とりさげ問題で、市長が「陳謝」・・?
自分も、この問題で、初日に、市長の見解を求め、、執行部と議会の望ましい関係について、一考を求めた。「18年度の取組みを見ていただきたい。」と、胸をはった市長が、今日は・・一転
 なぜ、陳謝なのか?
ドクダミの包は、開花のとき、虫を誘い込み、受粉を助ける役目をするらしい。
 利巧な包は、アンテナのように十字型に開いている。
議会のやりとりも、しっかりと、聞いているだろう。
ドクダミの花に、聞いてみたい。

copyright 2005-2007 せおまなblog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.